略式結納の仕方

スポンサードリンク

略式結納には定義がない

結納,品

結納とは、結婚の約束をした2人と2人の両親と仲人などが集い、結婚の約束をした証にしなものを贈り合う儀式です。

 

遠い昔から行われきた厳粛な儀式ですが、最近ではそのスタイルも様々です。

 

もちろん結納そのものをしないカップルも多いです。

 

その中でも略式結納とは、正式な儀式ではないですが、形としてなんとなく結納っぽい、両家の顔合わせ程度にあいさつをし合う等のもので、結納とするケースが増えています。

 

両家の顔合わせ程度のものの場合が多い

結納の歴史は1400年も続くものだと言われています。

 

昔は、身分の高い家や裕福な家庭においての儀式であったものが、明治時代に入ると一般庶民でも行われるようになりました。

 

そして、現在では、それほど結納に関して、と言うよりは結婚式そのものに関しても、お金をかけずに行わないカップルのも多い中、それでも結婚前に両家の顔合わせだけでもやっておこうというカップルが増えています。

 

本人たちとは別に暮らす両親がそれぞれ遠い地で暮らしている場合にも多いですし、今更結納をする?と風潮もあるとされています。

 

略式結納と言う形も定まっていませんが、何らかの形で、結婚式前に両家が合う事自体をそう呼ぶことが多いようです。

地方のこだわりがあることも

冠婚葬祭に関しては、特に地方色が色濃く出ると言われています。

 

生まれも育ちも全く違う両家の風習の中で、結婚の時はこれだけのことをしなくてはならないと言うこだわりを持つ家も多いと言われています。

 

ですから、結納に関しても、本人たちは略式結納をしたいと思っていても、親たちや親戚たちの手前そういうわけにもいかない場合も出てきます。

 

結婚をするのは若い2人ですが、いざ一緒になると言うことは、結納から相手方の風習に染まらなくてはならないこともあります。

 

そんな中、略式結納で済まそうという流れが多いのが、現状です。


オススメの結納品

スポンサードリンク

サイトマップ


 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文