結納とは

スポンサードリンク

結納は結婚の約束の儀式

スポンサードリンク

結納とは、結婚の約束を形に表すものだといわれています。

 

結納品と呼ばれる一式を両家で交換し合う事と、男性から女性に結納金として給料の何ヶ月分を渡すといったことを儀式として執り行うことを言います。

 

この結納をすることによって、晴れて2人は婚約したことになり、結婚式まで準備に追われることになります。

 

正式には、この結納から結婚に関する儀式が始まっていると言えます。

 

オススメの結納品

結納品について

結納で使われる結納品は、男性が女性に対して、熨斗・昆布等の食品やお酒、結納金を贈りますが、それなりの会場で奥ゆかしく行うことになります。

 

結納品はたいていセットとして売られていて、結婚式場やホテル、インターネットなどでも揃えることができます。 

オススメの結納品

 

一式で数万円から数十万円までとバリエーションも豊富ですが、内容は少しずつ変わっています。

 

また、地方によっても変化していますし、最近では現代風にアレンジを施したものもあります。

 

好きなモノを揃えるというのも良いですが、結納全般に関しては、両親や仲人の意見なども大切になってきます。

 

 

ところで結納はやりますか?

スポンサードリンク

結納を一つのけじめと考え場合もあります。

 

口約束だけではなく、お互いに形にすることで、結婚に対する自覚と相手方の家への正式なあいさつとしての場と考えることもできます。

 

結婚は2人だけの約束だけでは終わらないのが通例です。

 

では、結納はどうするの?ということになると、お互い両家の意見をきちんと取り行けなければなりません。

 

難しいのは、片方はやらなくても良い、片方はやらなくてはならないとなった場合です。

 

2人が板挟みに合うことになりますが、そんなときこそ、2人で力をあわせて何とか同意をすることで、結納そのものの存在を自覚することになります。

 

それで、やるやらないの調整を2人で行うことになります。

お薦めサイト

スポンサードリンク


 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文