略式結納と一般的な結納の違い

スポンサードリンク

正式結納と略式結納

スポンサードリンク

結納は、形がそれぞれあります。

 

正式なものと略式結納があります。

 

その違いについては、仲人の存在の有無と結納品の品数にあると言われています。

 

要するに、正式な結納に関しては、仲人がお互いの家を往復し、新婦の家で執り行っていました。

 

最近では、会場を別に借りて行うことが多いです。

 

略式の場合は、仲人がいないのがほとんどですから、両家の挨拶程度で終わることが多いとされています。

 

それでも、結婚式前に顔合わすことで、よしとすることも多いようです。

 

指輪と結納金 これだけでも略式結納

結納は行わなかったご夫婦も多いですが、指輪と結納金は贈ったという話はよく耳にします。

 

実はこの2つのことを男性から女性に贈る事実も略式結納の一つの形といわれています。

 

何も両家と仲人が必ず一緒にいて、結納品を取り交わすことだけではないということです。

 

指輪だけだとしても、略式結納をしたことになります。

 

要するに、男性側から結婚をしてくださいということを形にしたものが結納になりますから、正式なものはしていない方が多いですが、大多数の方が略式結納を行なっていたということになります。

 

オススメの結納品

仲人の存在

スポンサードリンク

正式な結納に関しては、何を揃えたら良いか、結納の間の言葉まで、普段使うものではなく、原稿を読むイメージで進められることがあります。

 

ホテルなどでは具体的な指導をしたり、何気なく介添人としてアドバイスをしてくれることもあります。

 

やはりベテランの仲人経験者によって、粛々と執り行われることも多いようです。

 

最近では、この仲人のいる結納こそ、正式と呼びます。

 

2人で出会いが、その方の紹介だったり、仲人を建てなければならないような間柄の場合は、略式結納が多いと言われる今でもきちんとした正式結納を行ったという方も多いようです。

お薦めサイト

スポンサードリンク


 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文