結納の挨拶?

スポンサードリンク

男性の父親は大役 原稿とメモでがんばろう

スポンサードリンク

結納のあいさつは、たいていは男性側の父親が主にはなすことになります。

 

普段使わないような言葉が並びます。

 

忌み言葉もありますから、一応は原稿を作ることをおすすめします。

 

インターネットなどでは、多くの例文がありますから、是非参考になさってみてください。

 

暗記の必要はありませんし、メモを読みながらでも大丈夫です。

 

しかし棒読みは厳禁、一応は練習をしておくとよいでしょう。

男性本人の見せ場?

最近では、男性本人があいさつとして両親に感謝の言葉を述べたり、女性の両親に対して言葉を述べることもあります。

 

このときには、結納という場をくずさないよう、あまりしつこくない内容が良いようです。

 

ただ、ここでことはが決まればカッコ良い場面を見せることができます。

 

結納に関しては、男性側の男性軍が活躍の場、あいさつの大役は父親になることをお忘れなく。

 

しかし、お礼を述べるのは、今度は女性側の父親です。

 

こちらも失礼に当たらない言葉をいうことになりますから、一応は練習をしておくとよいでしょう。

 

大切な娘のための晴れ舞台です。

 

父親としても見せ場になります。

あいさつ 母親はでないことが多い

スポンサードリンク

結納の場合、あいさつは男性が行う事が多いようです。

 

とくに父親の出番が多くなりますが、もし父親かいない場合は、親同士のあいさつなどは、男性の場合は本人が、女性の場合も母親ではなく、男の家族などが代理として行うことが多いようです。

 

というのも、母親は、結納品を運ぶと言う大役があります。

 

ですから、あいさつ関係は全て男性におまかせになるようです。

 

オススメの結納品

お薦めサイト

スポンサードリンク

結納の挨拶?関連ページ

結納の会場は?
本来結納の会場は女性側の自宅でした。 その前に仲人が両家を往復して、結納品を運んだり、男性側が正式に女性側の家で結納品を収め、後日女性側が男性側の家で結納返しをすると言う流れでした。
略式結納の司会は?
略式結納とは、結納の形はするけれど、というもの。 略式の形はそれぞれですが、自分たちが納得行くようにすることを言います。 最近の形としては、結婚式場やレストランでの会食をしながらの顔合わせになります。
婚約指輪は?
婚約の証として男性から女性へと送られる婚約指輪。なかには「勿体ないからいらない」という女性もいるようですが、やはり嬉しいのが本音です。 略式結納とはいえ、結納の品の中に加えてあげるべきでしょう。
結納の服装?
結納をすると決まったら、服装を考えることになります。 ただ、結納の形によって少し内容が変わります。 正式なものなのか、略式なものなのか、仲人はいるのかなど、まずは結納の形を決めていきましょう。
結納金の相場は?
結納金とは、結納品の一部です。 お金で贈るので結納金と言いますが、本来は男性から女性に帯を、女性から男性へは袴を贈るものが起原とされています。
結納返しは?
結納金は男性から女性の贈り物ですが、そのお返しに女性から男性に対しては、結納返しを贈るのが一般的です。 男性の“帯料”に対しての女性からの“袴料”です。
結納返しはいつ?
結納返しは、たいてい結納の席で行われることが多いようです。 最初に新郎からの結納を頂いたあとに、受書を差し出して、そして結納返し、または引出結納の形で、返すのが一般的です。

 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文