結納の服装?

スポンサードリンク

まずは結納の形を決めてから

スポンサードリンク

結納をすると決まったら、服装を考えることになります。

 

ただ、結納の形によって少し内容が変わります。

 

正式なものなのか、略式なものなのか、仲人はいるのかなど、まずは結納の形を決めていきましょう。

 

また、場所に関しても、完全に浮いてしまうような服装は目立ってしまいますし、両家のバランスをとることもお忘れなく。

 

事前の打ち合わせは大切です。

 

本人と列席する両親の服装は、和洋を合わせた形になるのが理想です。

男性の場合

こんなとき、男性はほとんどスーツが一般的ですが、奇をてらうことのないスタンダードなものを選びましょう。

 

正式な結納の場合は、正装として、モーニング等を着ることもありますが、最近は少ないケースです。
黒かダークスーツと言われるものを着用すると良いでしょう。

 

和服の場合は、女性だけでなく両親も揃える必要がありますから、可能かどうかを確認をすることが大切です。

 

また、結納をはじめる時間にもよりますが、たいていは午前中から始まり、その後会食のパターンが多いようですから、服装もそれに合わすことがポイントです。

女性の場合

スポンサードリンク

女性の服装は、一応男性に合わせて形をとります。
和服・洋服で着るものが変わりますが、洋服の場合は、それぞれあります。

 

正式の結納の場合は、和服なら大振袖か中振袖、

 

洋服ならアフタヌーンドレスで、必ずノースリーブ以外のものを選びます。

 

最近の結納で略式の場合は、ワンピースなどが一般的ですが、このとき肌露出は避けましょう。

 

夕方からの場合は、カクテルドレスでも可です。

 

和服にする場合は、紋付色無地か紋付付下です。

 

一応は、会食までを考えての服装になりますが、清楚な清潔感あふれるものにするのが無難です。

 

化粧に関しても、華美になることなく、落ち着いたメイクにすることです。

お薦めサイト

スポンサードリンク

結納の服装?関連ページ

結納の会場は?
本来結納の会場は女性側の自宅でした。 その前に仲人が両家を往復して、結納品を運んだり、男性側が正式に女性側の家で結納品を収め、後日女性側が男性側の家で結納返しをすると言う流れでした。
略式結納の司会は?
略式結納とは、結納の形はするけれど、というもの。 略式の形はそれぞれですが、自分たちが納得行くようにすることを言います。 最近の形としては、結婚式場やレストランでの会食をしながらの顔合わせになります。
結納の挨拶?
結納のあいさつは、たいていは男性側の父親が主にはなすことになります。 普段使わないような言葉が並びます。 忌み言葉もありますから、一応は原稿を作ることをおすすめします。
婚約指輪は?
婚約の証として男性から女性へと送られる婚約指輪。なかには「勿体ないからいらない」という女性もいるようですが、やはり嬉しいのが本音です。 略式結納とはいえ、結納の品の中に加えてあげるべきでしょう。
結納金の相場は?
結納金とは、結納品の一部です。 お金で贈るので結納金と言いますが、本来は男性から女性に帯を、女性から男性へは袴を贈るものが起原とされています。
結納返しは?
結納金は男性から女性の贈り物ですが、そのお返しに女性から男性に対しては、結納返しを贈るのが一般的です。 男性の“帯料”に対しての女性からの“袴料”です。
結納返しはいつ?
結納返しは、たいてい結納の席で行われることが多いようです。 最初に新郎からの結納を頂いたあとに、受書を差し出して、そして結納返し、または引出結納の形で、返すのが一般的です。

 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文