結納|婚約指輪は?

スポンサードリンク

給料の3カ月分?

スポンサードリンク

婚約の甘しとして男性から女性へと贈られるのが婚約指輪。

 

なかには「勿体ないからいらない」と言う女性もいるようですが、やはり嬉しいのが本音のようです。

 

婚約指輪は給料の3カ月分と言われていますが、これは戦後、日本で婚約指輪の習慣を広めようとしたデビアス社が金額の目安として提唱したと言われています。

 

婚約指輪は結納金の代わりとして贈られる事もあり、夫に何かあっても3ヶ月分の給料があれば、当座はしのげるだろうという考えが背景にあるようです。

 

婚約指輪の相場はいくら?

結納,婚約指輪

では、実際の相場はいくらなのでしょうか?やはり3ヶ月分なのでしょうか?

 

「ゼクシィ結婚トレンド調査2009」によれば、婚約指輪の購入代金の平均は36.2万円。
20代前半~30代前半の平均的な男性のお給料は25万円~35万円位でしょうから、1ヵ月のお給料よりもやや高いかなという感じです。

 

女性にとっても婚約指輪は一生の宝物

それなりの品質のものが欲しい!とは思うものの、無理して買ってもらって、その後の新婚生活に影響が出るのも困ります。

 

そうした意識を反映して、お給料よりもうちょいお高めという値段に落ち着いているようです。

 

いくら略式結納とはいえ、やはり婚約指輪は結納品に添えたいものですね。

結婚指輪の相場は?

スポンサードリンク

結納,婚約指輪

婚約指輪と同様に結婚指輪の相場も気になるところです。

 

婚約指輪が男性から女性へと贈られるのに対し、結婚指輪はお互いに交換し合います。
そのため、費用はふたりで分担してお互いの指輪を買う事が多いようですが、男性が2人分を購入する事もあります。

 

気になる費用ですが、「ゼクシィ結婚トレンド調査2009」によれば、2人分で21.6万円だそうです。

 

デザインはふたりの趣味によってまちまちですが、一般的に多いのがストレートなラインのシンプルなデザインが主流です。

 

また、最近では芸能人などの影響か、ブルガリティファニーなどといったブランド品を買い求められる方も多くなってきている様です。

お薦めサイト

スポンサードリンク

結納|婚約指輪は?関連ページ

結納の会場は?
本来結納の会場は女性側の自宅でした。 その前に仲人が両家を往復して、結納品を運んだり、男性側が正式に女性側の家で結納品を収め、後日女性側が男性側の家で結納返しをすると言う流れでした。
略式結納の司会は?
略式結納とは、結納の形はするけれど、というもの。 略式の形はそれぞれですが、自分たちが納得行くようにすることを言います。 最近の形としては、結婚式場やレストランでの会食をしながらの顔合わせになります。
結納の挨拶?
結納のあいさつは、たいていは男性側の父親が主にはなすことになります。 普段使わないような言葉が並びます。 忌み言葉もありますから、一応は原稿を作ることをおすすめします。
結納の服装?
結納をすると決まったら、服装を考えることになります。 ただ、結納の形によって少し内容が変わります。 正式なものなのか、略式なものなのか、仲人はいるのかなど、まずは結納の形を決めていきましょう。
結納金の相場は?
結納金とは、結納品の一部です。 お金で贈るので結納金と言いますが、本来は男性から女性に帯を、女性から男性へは袴を贈るものが起原とされています。
結納返しは?
結納金は男性から女性の贈り物ですが、そのお返しに女性から男性に対しては、結納返しを贈るのが一般的です。 男性の“帯料”に対しての女性からの“袴料”です。
結納返しはいつ?
結納返しは、たいてい結納の席で行われることが多いようです。 最初に新郎からの結納を頂いたあとに、受書を差し出して、そして結納返し、または引出結納の形で、返すのが一般的です。

 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文