結納返しはいつ?

スポンサードリンク

結納の日がベスト

スポンサードリンク

結納返しは、たいてい結納の席で行われることが多いようです。

 

最初に新郎からの結納を頂いたあとに、受書を差し出して、そして結納返し、または引出結納の形で、返すのが一般的です。

 

本来なら、日を改めて新郎のお宅に伺って、の方が良い場合もありますし、実際そういうしきたりが当たり前の家庭もあります。

 

相手あってのことですから、その辺りのことは、新郎新婦が間に立って調整、または仲人にお任せしましょう。

 

仲人が存在する場合、すべてのスケジュール管理をお願いすることになります。

 

結納の内容を知ること

結納があるということは、結納返しはあっても良いということですが、結納の内容については、事前にチェックする必要があります。

 

それができないのであれば、やはり結納返しは、結納の日にはできないことになります。
結納金にしても、品物にしても、新郎が新婦に告げればよいだけの話なのですが、まったく内容が不明の場合は、面倒でも、後日の結納返しになってしまうことでしょう。

 

これはしかたのないことですが、まさか結婚式当日や引っ越しの日というわけにはいきません。

 

仲人の存在

スポンサードリンク

仲人がいる場合、結納返しにも立ち会ってもらうことになります。
ということは、仲人の都合もあります。

 

ということで、両家の話し合いにより、結納当日に結納返しをするほうが何かと都合が良いということに。

 

最も遠方に住んでいる場合は、当然のことですし、関東ではこの形が主流になっている友言われています。

 

地方によっても、結納返しに関してはそれぞれの方法があります。

 

スポンサードリンク

結納返しはいつ?関連ページ

結納の会場は?
本来結納の会場は女性側の自宅でした。 その前に仲人が両家を往復して、結納品を運んだり、男性側が正式に女性側の家で結納品を収め、後日女性側が男性側の家で結納返しをすると言う流れでした。
略式結納の司会は?
略式結納とは、結納の形はするけれど、というもの。 略式の形はそれぞれですが、自分たちが納得行くようにすることを言います。 最近の形としては、結婚式場やレストランでの会食をしながらの顔合わせになります。
結納の挨拶?
結納のあいさつは、たいていは男性側の父親が主にはなすことになります。 普段使わないような言葉が並びます。 忌み言葉もありますから、一応は原稿を作ることをおすすめします。
婚約指輪は?
婚約の証として男性から女性へと送られる婚約指輪。なかには「勿体ないからいらない」という女性もいるようですが、やはり嬉しいのが本音です。 略式結納とはいえ、結納の品の中に加えてあげるべきでしょう。
結納の服装?
結納をすると決まったら、服装を考えることになります。 ただ、結納の形によって少し内容が変わります。 正式なものなのか、略式なものなのか、仲人はいるのかなど、まずは結納の形を決めていきましょう。
結納金の相場は?
結納金とは、結納品の一部です。 お金で贈るので結納金と言いますが、本来は男性から女性に帯を、女性から男性へは袴を贈るものが起原とされています。
結納返しは?
結納金は男性から女性の贈り物ですが、そのお返しに女性から男性に対しては、結納返しを贈るのが一般的です。 男性の“帯料”に対しての女性からの“袴料”です。

 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文