略式結納の仕方

スポンサードリンク

参考にできるものはいろいろある

スポンサードリンク

結納挨拶の例文は、様々なものがあります。
書籍、インターネット等の例文を参考にされると良いでしょう。

 

小難しい言葉を並べるときには、メモを見ながらでも良いですし、多分緊張してしまい、シドロモドロになってしまうこともありでしょう。

 

完璧な例文であることはなく、とにかくおめでたい場で、2人の幸せを一緒に応援しましょうという意思が伝わることが大切です。

 

ただし、ここでビシっと決めたいと思っている場合、しっかり反復練習をしておくと良いかも?

 

仲人とも相談を

仲人を立てる場合は、それぞれの“セリフ”がありますから、打ち合わせが必要です。
例文にならって、同じ言葉を言うのも良しでしょう。

 

ベテランの仲人の場合、過去の経験からさまざまなパターンの結納挨拶文がある場合もあります。

 

そんな時、打ち合わせの席で決めるのも良いかもしれません。
結納挨拶文にはこうでなくてはならないというものはありません。

 

まずは結納そのものをどんな形にしたいか?そこからの挨拶文になります。

 

決まりはこれと言ってない

スポンサードリンク

もし両親が健在ではない場合は、母親がつとめることになります。
その際にも、別に男言葉、女言葉はありませんから、普通の挨拶文でOKです。

 

中には、叔父や兄弟が父親代わりとして出席することもありますが、その方の挨拶だとしても、形は変わりません。

 

結納の挨拶は儀式といえども、形式にとらわれない形でできれば、とにかく晴れの舞台での2人の門出を喜ぶ言葉としてふさわしい例文を選ぶことで大切でしょう。

 

スポンサードリンク

結納挨拶の例文記事一覧

結納|父親の挨拶の例文

結納をするときに、仲人がいない場合は、司会進行は新郎の父親が行なうことになります。まずは始まりを告げる挨拶から『この度は、○○様(新婦)と私共の○○様(新郎)とに大変結構な御縁を頂戴いたしまして、誠にありがとうございます。つきましては、お日柄も良く、結納の義を執り行わせて頂きます。』結納品(目録)を...

≫続きを読む

 

 
結納とは 一般的な結納の違い 略式結納の流れ ★結納品 結納挨拶の例文